中国語教室で知り合った友人と台湾旅行へ行ったお話

    

私は学生時代から語学に興味がありました。そのため、社会人になってからも語学の勉強がしたいと思っていました。学生時代は英語が必須科目でしたが、詰め込み式の授業だったこともあり、その中から面白さを見出すことができませんでした。その為、別の外国語を学んでみたいと思うようになりました。

中国語を習ってみた

会社と家の往復だけの生活がしばらく続きましたが、それだと毎日の張合いがないので、何か習い事を始めてみようと思いました。

そこで、たまたま地元の新聞の記事で、中国語を教えているところがあることを知り、さっそく体験入学に行きました。

ほぼ中国後は初心者という状態だったのですが、授業に参加してみて、やってみようと思いました。

先生は台湾出身の人でしたが、日本に在住していることもあり、日本語は不自由なく話すことができました。

生徒はいろいろなレベルの人がいましたが、ほほ初心者の人が多いようでした。

平日の夜のクラスだったので、仕事帰りに中国語を学びに来ている人が多くいました。

中国語を習って思ったことは、予習復習が必要だということでした。

習い事の中には実際にその場で習うだけというものもあります。

しかし、語学を習得するためにはやはり、何もしないで教室に行って、講義を聞いているだけというわけにはいきません。

やはり自らが中国語を覚えていこうという姿勢がないと、授業についていけませんし、上達もしないと思いました。

私の中では半分、気分転換や息抜きといった要素があったのですが、それだけではやはり続けていくのは難しいと思いました。

私なりに中国語を勉強して、中国語検定を受けました。

級は下の方だったので、取得しても仕事で活かせるレベルではありませんでした。

しかし、せっかく中国語を学んでいるという自分自身への証が欲しかったのかもしれません。

また、具体的な目標があったほうが、語学の勉強も励みになりました。

台湾への旅行

私は中国語教室で知り合った人と一緒に台湾旅行に行く機会を得ました。

簡単な挨拶ができる程度でしたが、現地に知人の親戚がいるということで、何とかなるだろうと思っていました。

私のとっては初めての海外旅行でした。台湾は美味しいものがたくさんあるということで、それも期待していました。

また、観光客ならではの観光地にもいろいろと行きました。

知人の親戚のお宅にお邪魔したり、一緒に夕食を食べに行きました。

ガイド付きの旅行ならば、現地の生活に触れることはほとんどありません。

しかし、実際に台湾に住んでいる人の生活を体験することができたのは、非常に貴重な体験だったと思います。

ちょっとしたハプニングなどもありましたが、今でも楽しい思い出として心に残っています。また機会があれば台湾へ行きたいです。

語学の学習で可能性を広げる

外国語を学んでいくと、今まで知らなかった世界が大きく見えてきます。

そして、言葉だけではなく、その国の文化や風習、または食などにも触れる機会が増えます。

外国語を学ぶことで、海外から見た日本を見つめ直すことができ、改めて日本の良さが見えてきます。

外国人に日本を紹介する時、意外と知らないことが多いことに気が付きます。

さらに外国語で日本のことを紹介することになったら、より深く、日本のことを知っている必要があります。

外国語を学ぶことは同時に、日本をより深く知るチャンスなのかもしれません。

さらに視野を広げることで、柔軟で多様性に富んだ考え方ができるようになります。

私は外国語を通じて、人間的にもかなり成長できたと思っています。

これからも語学は好きなので、学んでいくと思いますが、さらに自分を成長させてくれるものだと思います。

何よりも好きなことを学ぶことは、メリットがたくさんあり、素晴らしい人生を送ることができます。