信号の青信号は「緑色」なのになぜ「青」というのか

    

横断歩道を渡る時、必ず目にするのが信号機です。 あの信号機、「進め」は緑色のランプなのに、なぜか「青信号」といいますよね。 でも、ランプはどう見ても緑。青ではありあせん。あれはなぜなのでしょうか? そこでこんな仮説を立ててみました。 「もしかして、もともと青いランプだったのではないか」 信号ができた時、青いランプしか作る技術がなく「渡れ」は青信号だったが、視認性の良い緑を採用したほうがいいということになり、緑のランプが開発され、今に至るのではないでしょうか? さて、これが正しいか、信号の歴史を調べてみました 電気式の信号機が初めて設置されたのは、1918年、アメリカのニューヨーク5番街です。その時の信号の色は現在と同じ赤・黄・緑の3色が使われていました。これは日本と同じです。このように信号機の色は、海外でも同じ3色で、これはCIE(国際照明委員会)によって決められているのです。信号機は赤・緑・黄・白・青の5色と規定され、交通信号機には赤・黄・緑の3色が割り当てられています。そして、ほぼすべての国で信号機の「止まれ」には赤、前に「進んでも良い」には緑が使われています。 日本に最初に信号機が設置されたのは、1930年(昭和5年)、日比谷交差点でした。 信号機が導入された当初は、法令上でも「緑信号」とされ、実際にもやや濃い緑色が使われていました。しかし、マスメディアがこの信号を「青信号」と表現していたのです。 それはなぜでしょうか。 理由は日本古来の色名に由来します。日本古来の色名は「赤、青、黒、白」の4色と言われています(いずれも「~い」と表現できます。)この「青」には現在の「青」と「緑」の両方が含まれているといいます。緑色に見える物を「青」と呼ぶ習慣は万葉集に「あおによし」という表現が出てくることから万葉集の時代より前からあったと思われます。この古来からの青の範囲の広さから、青野菜、青物、青葉など緑色のものを青と呼ぶ場合が多かったため、緑信号を青信号と表現するようになったようです。 また、赤の対極にある色が緑ではなく青だからという説や、色の三原色である赤・黄・青が影響しているという説もあります。 この緑信号、1974年(昭和49年)以降、青緑色に変更されました。その理由は、色弱者が、赤信号、黄信号と見分けがつきにくかったからです。